交渉は弁護士が重要

保険会社の担当者が良く口にするのが、これが限界ですという言葉です。損害賠償として慰謝料を考えた場合、これ以上はありえないということではありません。ここは勘違いしてはいけないポイントで、あくまでも保険会社の担当者レベルとして、提示できる限界であるということです。本当に支払われるべき金額の限界は、まったく別のところにあるといえるポイントになってきます。

弁護士裁判となったとしても、被害者が基準としてもっと高いところを提示した場合、判決の基礎になってきます。逆に低い基準しか主張しなければ、これを超えるような判決は出ません。弁路主義と呼ばれる部分になりますが、しっかりと主張しなければ、裁判所はもっと請求できますよといったことは言いません。これも重要なポイントになってくるでしょう。つまり、正確な知識を持って交渉に臨まなければ、本来請求できる金額も失ってしまう可能性が出てきます

弁護士であれば、この点を十分に理解しているため、低い金額で交渉を始めません。その分、依頼者の利益を損失してしまうからです。利益を最大化するのが弁護士の務めですので、交渉を考えるのであれば、弁護士を活用していくのが重要になってくる要因といえます。

Pocket