保険会社の算定基準

電卓保険会社が交通事故の被害者に対して提示してくる慰謝料が、なにを元にしているのかというのは、とても重要な意味を持ってきます。保険会社は保険の加入者に対して、保険金を支払うというのが仕事になってくるわけですが、自賠責保険では支払い切れなかった損害額を補てんするのが重要です。ですが、保険会社も仕事である以上、支払金額はできるだけ抑えていかなければいけません。それでも、毎回計算するのは時間もかかりますし、あまり得策ではないため、一定の基準を設けています。これを算定基準と呼びますが、保険会社が自分たちの都合によって作成されたものであるのが重要でしょう。被害者のために算定されたものではないところが、金額が低くなってしまう要因です。

被害者側からすれば、この金額はおかしいと思っていても、保険会社は自社の利益を守らなければいけないため、できるだけ抑えにかかってきます。ところが、裁判の判例を見ると、もっと高い金額になっていることが起きるのです。この交渉をするのが弁護士の役割といえるでしょう。こちらの算定基準は、通称赤い本と呼ばれるかたちで公表されています。これも目安でしかありませんが、少なくても保険会社の算定基準よりは高額のため、交渉していく材料となるでしょう。

Pocket