得意としている弁護士

車とお金弁護士も基準としている裁判基準は、実は相場でしかありません。必ずこの金額になるというわけではなく、さらに増額させられることもあるのです。つまり、被害者の精神的苦痛が、相場としている凡例より大きければ、さらに増額が認められるようになるでしょう。特別な事情が認められるときも同様です。これをどう判断していくのかも、弁護士の能力に関わってくるでしょう。

例えば、同じような被害を受けたとしても、加害者が無免許運転や飲酒運転だったような場合には、かなり悪質な行為です。こうした行為をおこなっている人間から被害を受ければ、精神的苦痛はさらに高まることになるでしょう。相手が全く反省を見せていないといった場合にも、苦痛は大きなものになります。当然慰謝料の請求としても、相場よりも高額でなければいけないはずです。これを交渉基準としていけば、増額される可能性が高まるでしょう。被害者の後遺障害が重度であり、遺族の精神的被害はかなり大きなものになるというのも増額が認められる基準と考えられます

こうした内容の判断ができるのは、弁護士が交通事故の専門で知識があり、経験もあるというのが重要になってきます。交渉を任せるとした場合には、専門としている弁護士を依頼するのも重要となってくるでしょう。


推奨サイト<交通事故 弁護士
└交通事故案件を多数扱っている弁護士事務所のホームページです。

Pocket

交渉は弁護士が重要

保険会社の担当者が良く口にするのが、これが限界ですという言葉です。損害賠償として慰謝料を考えた場合、これ以上はありえないということではありません。ここは勘違いしてはいけないポイントで、あくまでも保険会社の担当者レベルとして、提示できる限界であるということです。本当に支払われるべき金額の限界は、まったく別のところにあるといえるポイントになってきます。

弁護士裁判となったとしても、被害者が基準としてもっと高いところを提示した場合、判決の基礎になってきます。逆に低い基準しか主張しなければ、これを超えるような判決は出ません。弁路主義と呼ばれる部分になりますが、しっかりと主張しなければ、裁判所はもっと請求できますよといったことは言いません。これも重要なポイントになってくるでしょう。つまり、正確な知識を持って交渉に臨まなければ、本来請求できる金額も失ってしまう可能性が出てきます

弁護士であれば、この点を十分に理解しているため、低い金額で交渉を始めません。その分、依頼者の利益を損失してしまうからです。利益を最大化するのが弁護士の務めですので、交渉を考えるのであれば、弁護士を活用していくのが重要になってくる要因といえます。

Pocket

保険会社の算定基準

電卓保険会社が交通事故の被害者に対して提示してくる慰謝料が、なにを元にしているのかというのは、とても重要な意味を持ってきます。保険会社は保険の加入者に対して、保険金を支払うというのが仕事になってくるわけですが、自賠責保険では支払い切れなかった損害額を補てんするのが重要です。ですが、保険会社も仕事である以上、支払金額はできるだけ抑えていかなければいけません。それでも、毎回計算するのは時間もかかりますし、あまり得策ではないため、一定の基準を設けています。これを算定基準と呼びますが、保険会社が自分たちの都合によって作成されたものであるのが重要でしょう。被害者のために算定されたものではないところが、金額が低くなってしまう要因です。

被害者側からすれば、この金額はおかしいと思っていても、保険会社は自社の利益を守らなければいけないため、できるだけ抑えにかかってきます。ところが、裁判の判例を見ると、もっと高い金額になっていることが起きるのです。この交渉をするのが弁護士の役割といえるでしょう。こちらの算定基準は、通称赤い本と呼ばれるかたちで公表されています。これも目安でしかありませんが、少なくても保険会社の算定基準よりは高額のため、交渉していく材料となるでしょう。

Pocket

慰謝料と交渉

交通事故できれば、人生の中で遭いたくないのが交通事故です。痛い思いをすることも出てきますし、大事な資産が傷ついてしまう場合もあるでしょう。すべて元通りになるとは限らず、何らかの問題を残してしまうことも出てくるのが問題です。精神的にも苦しい思いをすることになるため、慰謝料の請求も考えていかなければいけないでしょう。

交通事故の損害賠償として、さまざまな費用を請求していくことになりますが、慰謝料もそのひとつとして加害者に対して請求していくことができます。精神的に苦痛を被った分を請求するものです。交通事故に遭わなければ、そんな苦痛を受けることもなかったのですから、当然の権利といえます。慰謝料についてもいろいろな周囲があり、死亡慰謝料や後遺慰謝料、障害慰謝料と分けることが可能です。この額に関しては、いろいろな事情が考慮されて計算されることになりますが、それぞれの事情が絡んでくるところが問題になります。しっかりと支払ってもらいたくても、そこまで大きな金額ではなかったということが起きるのも、それぞれの事情が絡み合っているからです。

苦痛事故の慰謝料算定は、非常に難しい部分も持っています。交渉次第という性格もあることから、専門家に変わってもらう必要も出てくるでしょう。弁護士に依頼して代理人として交渉することで、大きな増額になるケースも少なくないのは、事情が絡み合っているからです。自分の受けた損害を賠償してもらうためにも、知識を持って臨むことが必要になるでしょう。

Pocket